家庭医療の特徴について

家庭医療は、地域に密着した医療と言っても過言ではないでしょう。

では、その特徴とはどのようなものなのでしょうか。

先ずは「専門外」などという基準が基本的には無いという事です。

大きな医療施設・医療機関を思い浮かべてみてください。

様々な診療科目というものがありますよね。

しかしながら、家庭医療にはこのような枠というものが無いのです。

もちろん、全ての病気にたいしてパーフェクトに治療が施すことが出来るというわけではありませんが受診は可能となっている場合が殆どです。

また、年齢などにおいての枠というものもありません。

小児科・内科などというものがありませんので、乳幼児からご高齢の方まで幅広く対応できるのが家庭医療でもあるのです。

場合によっては、休日・深夜など関係なく診察をしてくれるというところもありますし、往診などにも応じてくれるということもあるでしょう。

では、家庭医療では治療が出来ないと判断された場合について触れておきましょう。

このような場合ですと、家庭医が適切な病院を紹介してくれるというスタンスが基本となっています。

ですから、疾病に対して効率的に働きかけ・アクションをとることが出来るのではないでしょうか。

このように、診療科目や年齢というもの場合によっては時間帯などにも囚われることなく私たちの健康を見守ってくれる。
それが家庭医療の特徴ともいえるのです。

家庭医療・家庭医が存在しているからこそ安心して生活できるという部分もあるのではないでしょうか。

 

日本家庭医療学会 The Japanese Academy of Family Medicine

育毛剤はフサフサヘアーに若返る【MUGEN2323】