家庭医が提供する医療

家庭医療というものに定義は存在しているのでしょうか。

一般的な定義としては「家庭医が提供する医療である」というものがあります。

非常に簡単な定義だと思われる方もいらっしゃるかと思いますが、とても的確な定義なのではないでしょうか。

では少し、この定義を掘り下げていきましょう。

家庭医が提供する医療ということは、家庭医に対して求められている医療内容が提供される環境があるという事になるでしょう。

ここでいう、家庭医に求められている内容というものは地域差というものも多少はあるかと思います。

取り扱い可能な疾病や検査なども規定することが難しいですよね。

人口密度が高く、家庭医が多く存在している地域における家庭医療と、人口が少ないですとか離島などにおける家庭医の役割というものも変ってくるかと思います。

先のように地域によって色というものは変ってくるかと思いますが、「家庭医療を提供している」ということには変わりが無いのです。

家庭医療は、地域住民の健康などを考えるという役割も担っています。

この点に関しては、地域関わらずとも共通した概念なのではないでしょうか。

こうした家庭医療が存在しているからこそ、私たちの生活が安心できるものとなっているという部分もありますので、改めて家庭医療というものを考えていくことも活性化やより効率的な利用に繋がっていくことと思います。

地域に密着した医療・患者1人1人に対すて適応出来る医療、それが家庭医療なのです。

家庭医療専門医 – 日本プライマリ・ケア連合学会