生活習慣が原因で発病する病気

生活習慣病にならないためには

生活習慣病とは生活習慣が原因で発病する病気の事です。

例えば仕事が忙しくて料理をする暇がないから毎日外食ですませているため野菜が不足していると日々気になっている人も多いと思いますが、食生活が原因で発病する病気は糖尿病や肥満、高血圧などさまざまな病気の原因の要因になってしまうのです。

栄養のバランスの取れた食生活をする事で生活習慣病は予防し、発病のリスクを抑える事が出来ます。
また食事以外にも運動不足が原因で糖尿病や、肥満、高血圧や痛風のなどの病気の要因になってしまいます。

運動不足の解消のためにいきなり激しい運動をすれば身体に大きな負担がかかってしまいますから、毎日一駅手前で降りて、30分歩く、エレベーターは使わずに階段を上り下りするなど毎日続けられそうな運動を日常生活の中に取り入れてみましょう。

他にもジョギングや水泳などが生活習慣病予防に効果的な運動と言われています。

そして嗜好品も生活習慣病と深く関わっています。

お酒は適量であれば健康によいとされていますが、適量を超えてしまうと健康に害を与えてしまいますし、タバコは百害あって一利なしと言われています。

嗜好品を見直す事で生活習慣病のリスクを抑える事が出来ます。

日本人の死因は癌、心疾患、脳血管疾患が3大死因と言われていますが、一見生活習慣病は関係ないと思われるかもしれませんが、これらの死因に生活習慣病は関係しています。

高血圧や糖尿病は動脈硬化の原因になり、動脈硬化が原因で心疾患や脳血管疾患が起こってしまいます。

癌細胞がなぜ生じるのか原因は不明ですが、肺癌の原因はタバコの煙が深く関わっている事に間違いありません。

つまり3大死因の全てに生活習慣病は関わっているので、長生きしたいのであれば今すぐ生活習慣を改める必要があるという事です。

生活習慣病にならないためには栄養のバランスのある食事をし、定期的に運動をして、規則正しい生活を送る。

お酒は控えてタバコは禁煙してみて下さい。

そうすれば身体は疲れにくい身体になり、健康的な毎日を送る事が出来るはずです。