家庭医療と地域について

家庭医療を行う医師のことを「家庭医」と呼びますが、この家庭医は地域に密着した医療行為を行うということもあり、地域住民との人間関係というものを形成していることも多いのです。

ですから、家族歴などについても合わせて診断する材料としている場合もまた多いのです。

そのようなスタンスがある事によって、患者をより理解するという部分にも繋がっていくのです。

また、地域というものを考えた時に家庭医と患者の1対1というスタンスばかりではないことも。

例えば、在宅医療などです。

在宅医療を行う際、患者本人はもちろんですがその家族や取り巻く環境なども視野に入れることが重要となりますよね。

こうした人たちをサポートするために、介護保険サービスやその他の福祉制度などを活用することも。

先のようなとき、家庭医1人ではなく、地域医療や医療福祉などと協働することも家庭医に求められていることの1つともいえるでしょう。

専門的な治療を行う医療施設などとは違い、家庭医療の場合は「トータル的」な見方をすることが多いのです。

ですからこのような概念というものが大切になってくるわけなんです。

それに加え、指導と言うものも行う場合も。

生活習慣病などは近年では大きな問題とされています。

生活習慣病に関する指導なども家庭医療において行われている内容でもあるのです。

そう考えると、身近で信頼できる医師・医療環境と言っても過言ではないですよね。

日々の健康に関することをサポートしてくれるのが家庭医療であり家庭医なのです。